ギャラリー

お客さまのご自宅、ワークスペースの写真を見る ー 同じチェアでも ー 620 チェア・プログラムは、使い手や周りの空間によって、様々な表情を見せます。

もっと写真を見る

追求された
心地よさ

このチェアのベースにおいて、核となるのが、コイルスプリングの格子状のパーツです。イギリスの、昔ながらの製法を維持する数少ない工場で生産されています。 そのコイルスプリングの上に、丈夫で長持ちする、ココナッツファイバーと天然ゴムの樹脂で形成されたパットが乗ります。(他のメーカーは、スポンジ状のフォームを使用していますが、これは経年劣化が大きいものになります)

スプリングとパットは、コンピューター制御マシンを使ったCNC木工により、正確に形取られたビーチ材のベースにぴったりと収まります。このビーチ材のベースに、左右のアームとバックパネルが固定されます。

チェアベース: 昔ながらのコイルスプリングに、ココナッツファイバーと天然ゴムの樹脂のパットが乗ります

イギリス製

私たちのワークショップで働くスタッフは、才能と情熱を持つ人ばかりです。世界各地のお客さまより、私たちの製品が細部まで完璧である事に、高い期待を寄せて頂いているからこそ、それに応える責任があるのです。

私たちは長年、私たちと共通する精神、良い相互関係を築ける、世界クラスのサプライヤー達と働いてきました。

イギリス中心部の街、ロイヤル・レミントン・スパにある、工具の音が鳴り響く私たちの生産練。ここには「十分だ」という言葉はありません。私たちは、常に高い技術を追求し続けています。

チェアベースのカバーの最終確認

どこまでも
考えられた

あなたがどこにお住まいでも、配送受け取りの為に、特別な事前手配をして頂く必要はありません。4 シーターソファを、4階の部屋に持ち運ぶのもの、地下の部屋に運ぶのも、実に簡単です。620 チェア・プログラムは、例えソファをご注文頂いても、持ち運びが簡単なサイズの箱に分けて梱包されます。

素材、寸法、組み立て
驚くほどコンパクトな梱包で、搬入も簡単

技術的なこと

2013年、ヴィツゥとディーター・ラムスは、620 チェア・プログラムの再設計をしました。このプロジェクトにより、ステンレスのボルトひとつ含め、実に細部まで再検討がされました。その結果、チェア・プログラムは、世代を超えてずっとお使い頂けるレベルにまで改良が施され、新しく洗練されたデザインに生まれ変わったのです。

ヴィツゥ・ヴォイスを読む (英語のみ)

歴史的なこと

1962年、620 チェア・プログラムが登場すると、そのたった7年後には、市場にコピー製品が出回るようになりました。すぐに法的措置がされ、1973年に、裁判所はこのような判決を下しました。「620 チェア・プログラムのデザインは、このチェアにしかない個性と高い美的価値を持ち、まさにオリジナルのものだ。」 これにより、620 チェア・プログラムは、著作権を得て、アート作品同様の扱いをされるようになりました。

1980年後半、ディーター・ラムスとニール・ヴィツゥ、620 2シーターソファにて

Dr. ハンズ・ヴィヒマン

… 620 は、ブロイヤー、ミースファンデルローエ、ルコルビュジエ、アアルト、サーリネンに並ぶ、今世紀を代表するチェアのひとつだよ。

オプションを見る

凛と佇む一脚のチェアは、システム家具のチェア・プログラムとして、実に幅広い使い方ができます。